目標を設定する

資格試験、受験等で一番最初にすべきことは、目標を設定することです。
ここで重要なのが、設定するだけではなく、いつまでにどうなりたいかを紙に書いて貼ることです。
どうなりたいかについては、例えば、税理士試験に合格するという目標だけではなく、実際どういう税理士になりたいかを具体的に記載してください。
目的があれば、おのずとそこに関心が向くようになり、注意が払われます。すると、脳はスイッチを押したように働きはじめ、それに関する情報をグングン取り込むようになります。

もし、どの資格を取ろうか、どこの専門学校に通おうか等で迷っているのであれば、専門学校のパンフレットを片っ端から請求してしまいましょう。また、実際に資格取得者の話を聞きたければ、専門学校の講師に直接話を聞いてしまいましょう。専門学校の講師は喜んで対応してくれます。

また、受験生の方も、行きたい大学等の資料を片っ端から、請求してしまいましょう。オープンキャンパスに参加して模擬授業を聞いたり、在学生の話を聞いたりするのもいいと思います。
そして極めて重要なのは、行きたい大学に行って、将来どうなりたいのかを具体的に考えることです。なぜ今の大学(学部)を選んだのか?将来どうなりたいのか?(どういう目標を持って生きてきたか、今後どういう目標を持って生きていくのか)は、就職試験でも必ず聞かれることなので、今のうちから考えておいて損はありません。



カテゴリー
リンク