非効率な勉強法

きれいなまとめノートを作っている

よし勉強するぞ!と意気込んできれいなノートを作って、結果やたら原始時代だけは詳しくなったというような経験はありませんか?

勉強は全範囲をまんべんなく勉強する必要があります。ところがきれいなノートを作ることに固執するあまり、結局全範囲をカバーできずに、知識が中途半端になります。
また、きれいなノートを作ること自体が目的になってしまい、結局知識が身につかないのです。

脳は、何回も繰り返すことで「これは大事なことだ」と認識し、記憶していきます。また、脳はいきなり細かいことは覚えられません。

つまり、きれいなノートを作って特定の箇所を1回で完璧に仕上げていくより、大雑把に全体を俯瞰し、何回を繰り返し復習して少しずつ細かいことを覚えていく勉強法の方が、はるかに記憶に定着しやすいのです。

そもそも勉強をする目的があいまいである

過去問は自分の実力を測るものだと思っている

暗記をする時に、とにかく書いて覚える

英単語等を暗記する時に、スペルや複数の意味も一緒に覚える

テキスト・問題集をたくさん揃えてしまう

わからないところはわかるまでやる

まとまった時間がないと勉強できない

きれいなまとめノートを作っている

非効率な勉強法TOPへ



カテゴリー
リンク