非効率な勉強法

英単語等を暗記する時に、スペルや複数の意味も一緒に覚える

暗記する際に大事なのは、「分けて記憶する」ことです。
例えば英単語は、意味を覚えるのとスペルを覚えることは別々に考えるのです。

書いて覚えたら、意味もスペルも同時に覚えられるから、そのほうが効率的なのではないかと思う方もいると思います。
ですが、この「同時に覚える」というのが、非効率なのです。

英単語の場合は、1単語につき1つの訳語が一番楽に覚えられます。
1単語につき、複数意味があるものの場合は、同時に覚えるのはかなり大変です。
なので、1単語につき1つの訳語を覚えた後に、ほかの意味を付け加えていくほうが、簡単に暗記できます。
一度に覚えようと思えば思うほど、時間がかかります。

どんどん細かく分けていくことが記憶の必勝法なのです。

そもそも勉強をする目的があいまいである

過去問は自分の実力を測るものだと思っている

暗記をする時に、とにかく書いて覚える

英単語等を暗記する時に、スペルや複数の意味も一緒に覚える

テキスト・問題集をたくさん揃えてしまう

わからないところはわかるまでやる

まとまった時間がないと勉強できない

きれいなまとめノートを作っている

非効率な勉強法TOPへ



カテゴリー
リンク