非効率な勉強法

暗記をする時に、とにかく書いて覚える

「覚えたいことは、何回も書かなければ覚えられない」
こう思い込んでいる方がほとんどですし、学校でもそのように教えられてきたと思います。
ですが、この常識は捨て去りましょう。

覚えたいことは、書いて覚えるのではありません。
目で見て覚えるのです。

もちろん、書いて覚える方が、「視覚」と「触覚」を使うため記憶効率は良くなります。
しかし、そのために犠牲にすることがあります。

それは、時間です。
書いて覚えようとすれば、記憶のスピードが遅くなります。
また、労力としても書いて覚えるのは、とても疲れます。

書く時間があれば、目で見て何回も何回も繰り返すのが、一番効率的な記憶法なのです。

そもそも勉強をする目的があいまいである

過去問は自分の実力を測るものだと思っている

暗記をする時に、とにかく書いて覚える

英単語等を暗記する時に、スペルや複数の意味も一緒に覚える

テキスト・問題集をたくさん揃えてしまう

わからないところはわかるまでやる

まとまった時間がないと勉強できない

きれいなまとめノートを作っている

非効率な勉強法TOPへ



カテゴリー
リンク