勉強法のご紹介

大体の書籍で共通する効率的な勉強法は以下の通りです。この基本を色々カスタマイズしたものが、書く書籍で紹介されている勉強法となります。

  1. 目標をしっかり持つ
  2. 到達地点を知る(いきなり過去問を読む)
  3. 人は忘れていく生き物だという前提に立つ(何回も復習して、短期記憶を長期記憶に移していく)
  4. 記憶をする時は、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)をフルに使う
  5. 記憶をする時は、細かく分けて覚える
  6. 書いて覚えない、見て覚える(書く時間があるのであれば、目で見て何回も復習する)
  7. 色々なテキストを使わない
  8. 無理をせず睡眠を十分にとり、勉強を継続させる

1. 高速大量回転法
詳しくは、合格(ウカ)る技術(宇都出雅巳 著)参照

基本的な考え方
過去問・テキストを「高速」(ざっくりざっくりと止まらずに)で「大量回転」(何十回、何百回と繰り返す)する。

実践方法
がんばらない
いきなり過去問を読む
わかろう・覚えようとしない
アプトプットを先行させる
テキストの目次を記憶する
わからない状態を作る

2. 1分間記憶法
詳しくは、本当に頭がよくなる1分間記憶法(石井貴士 著)参照

基本的な考え方
1単語1秒で記憶を行い、それを何度も繰り返し目で見て記憶していく。

実践方法
短期・長期・単純・イメージ記憶法
4色右脳記憶法
サンドイッチ記憶法
ピークコントロール記憶法

3. 1日30分勉強法
詳しくは、30代で人生を逆転させる1日30分勉強法(石川和男 署)参照

基本的な考え方
とにかく1日30分勉強する

実践方法
期限を決めてやる「ジャックバウアー・勉強法」
期限を決めて勉強する
期限を意図的に作って勉強することが大切

良い仲間を作る「なでしこジャパン勉強法」
良い仲間と出会うと自分を高みへと押し上げてくれる
仲間になるためには、対等に付き合うだけのスキルを身につけなければならない
仲間という関係を維持するために、自分も専門性を磨く。その努力の循環が良い仲間の連鎖になる

必ず4回復習をする「復習するは我にあり勉強法」
勉強終了3分前にざっと総復習する
次の日の寝起きに一度5分くらい復習する
3度目の復習は1週間後に行う
4度目は試験直前に復習する

勉強をカラフルにして脳を楽しませる「木村カエラ勉強法」
左脳は文字を認識し、右脳は色を判断する
つまり文字を書くのに左脳を使い、原色で書くことで右脳を使うことになる
黒の鉛筆から色付きの鉛筆に持ち変えるだけで全脳を使うことになる

自分に賞罰を与えて心的飽和を解消する「サルの曲芸勉強法」
自分に賞罰を与えることで、繰り返し同じ作業を行うと飽きがくる現象を防ぐ
賞罰を与えて勉強にメリハリをつけて、楽しく勉強することが大切

現状を変えるために、「オバマのチェンジ勉強法」
飽きがくるのを防ぐために筆記用具を変える
毎日同じ机で勉強するのも飽きがくるので、違った場所で勉強する

三日坊主と挫折はこうして防ぐ!
勉強の計画を立てたら、そこから20%削る
どんなやり方でも、1日30分勉強できればそれでいい
計画を終わったところから順に色を塗る
30分がダメなら3分だけやる。継続することが大切
勉強の継続記録が途絶えたら、意図的に3日休んだと思い、また勉強を再開する



カテゴリー
リンク