記憶のメカニズムを知る

効率的な勉強方法を知るためには、そもそも脳の記憶に関する仕組みを理解する必要があります。脳は正しいことを記憶するのではなく、何回も聞いたことを消えない記憶として保持します。また、脳は大雑把にしか物事を理解できません。だから、いきなり細かいことを覚えようとしても不可能なのです。
以下では、記憶のメカニズムについて説明していきます。

大人になってからでも記憶力は伸ばせる

記憶の3ステップは「覚える」「貯める」「思い出す」

一瞬で忘れる短期型の記憶と一生覚えていられる「長期型」の記憶

眠不足は記憶力低下の最大の原因

記憶の効率を高める10の基本原則

記憶や想起の際に、重要なてがかりとなるのが、「イメージづけ」と「関連性」です。単に情報を入力するより、この2つを活用することで効率よく記憶を行うことができます。

ここではその基本原則を紹介します。記憶したい情報に適した原則を探して活用しましょう。

記憶を助ける10の基本原則

原則1 「五感」を使う
原則2 情報を「誇張」させる
原則3 「リズムと動き」を関連付ける
原則4 「色」をイメージづける
原則5 「数字」を使う
原則6 「記号」を使う
原則7 「順番」をつけパターン化する
原則8 「魅力的」なイメージにする
原則9 「ユーモア」を活用する
原則10 「ポジティブ」なイメージにする


カテゴリー
リンク