過去問を解く

テキストの前に過去問を手に入れる

あなたがこれから試験の合格を目指して勉強始めてるときに最初にやるべきこと。
それはその試験の過去問を手に入れることです。ほとんどの資格試験では、その試験の「過去問題集」は市販されています。市販されていない場合でも試験を実施している機関や試験対策講座をしている予備校で手に入れられることが多いです。テキストや参考書を買って勉強し始める前に、まずその過去問を手に入れるのです。

まったく知識がないのに過去問を解こうとしたってわからないと思うかもしれません 確かにまだ勉強初めてもいないのに過去問を解こうとしてもわからないの当たり前です。

過去問を手に入れても解く必要はありません。まずは過去問を解かずに読む、眺めるのです。

「合格の形」を知るには過去問が最適

試験勉強を始める時は、テキストから取り組むのが普通だと思います。
それがなぜ過去問から始めるべきなのかというと、過去問こそが、その試験勉強で目指す目標を、一番よく表しているものだからです。
あなたの目的は この試験分野の研究者になったり、研究論文を書いたりすることではありません。目的はあくまで試験に合格すること。そして あなたが受ける試験そのものに一番近いのが「過去問」なのです。あなたは試験に合格するために試験勉強をしているのですから、まずはこの過去問に取り組み、常に試験の形を意識しておくことが、合格のためになによりも大切なのです。



カテゴリー
リンク